アベケン(株式会社 阿部建業): 湘南地域(平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・茅ヶ崎市)の建築&不動産総合プランナー【建築:新築・リフォーム・建替】【不動産:土地・中古・建売・中古マンション】

 

 コミコミ注文住宅ってなあに? KOMIKOMI PLAN

※ こちらのページは、弊社の新規格商品「コミコミ注文住宅」についてと、本商品を作るに至ったきっかけをご紹介させていただきます。

 

まず、アベケンの「コミコミ注文住宅」の中身についてですが、

建物本体以外に屋外給排水工事費・仮設工事費・照明器具・カーテン・建築確認申請費・
第三者機関による保証費・そして消費税までを全て含んでいるという意味です。

 だから、当然その家は蛇口をひねれば水もお湯も出ますし、スイッチを入れれば電気もつきます。 カーテンが最初から付いているので外からの視線を気にする必要もありません。
つまり、箸と茶碗さえあれば、お客様が引渡しを受けたその日からそこで生活が始められる状態にするまでの価格ということです。

どうせオプション工事で利益を乗せているんでしょ? 
 なんてお言葉を掛けられることがありますが、オプション工事が必要にならないような仕様を
標準仕様として完備しておりますので、そんなことはありません。しかし、住宅は一軒一軒、思いや好みが人それぞれ違うものです。同じ家というのは存在しません。
ですからそれでも追加オプションをつけられるのはあくまで建てられる方のご自由なのですが、私たちは出来れば追加なしでそのままお建ていただきたいのです。

驚かれるかもしれませんが、実は住宅の価格の表示方法には決められたルールが存在しないのです。 自分たちにとって都合の悪いことは、何も言わずに秘密にしています。
同業者からの抗議を覚悟で、皆様のために秘密を公開します。

秘密① 広告で見た金額と契約した金額になんでこんなに差があるの??

 家を建てようと思い、住宅会社のチラシを見て、家づくりで何も知らない人がこんな計算をします。
「ねぇ、あなた、広告で坪単価25万円って書いてあるわよ!じゃぁ、うちだと30坪で750万円で建てられるのかなぁ。」
そう思って、実際に見積もりをとると「最終的に1600万円」・・・。
「広告と違うわよ?なんで?」って思われたことはないでしょうか?

多くの場合、家が完成すると価格は1.5倍から2倍にまで膨れ上がります。商談時には坪25万円。でも、あれを付けると○○万円アップ、 これを変更するとさらにアップといった感じで、家が完成する頃には目が飛び出るほど高い金額の家を建ててしまっているのです。

「こんなの詐欺と変わらないじゃないか・・・」

しかし、それが住宅業界の常識となっているのです。

秘密② 価格の基準がよく分からない・・・

 住宅価格の表示方法には、先程もお伝えした通り、ルールがありません。
価格の提示方法が各社で自由設定できるのです。
坪単価で表示するところもあれば、丸ごとフル装備の価格を表示するところもあります。

 また、引渡し価格の場合もありますし、「設計してみないと金額は出せません」などと言い出す会社まである始末です。 「坪単価25万円」という広告に惹かれて喜んで話を聞きに行くと、 「建坪は60坪以上でなければその単価にはなりません」 ヒドイ所であれば、「基礎工事が別です」などと言われてがっかりすることがあります。
更には、これはモデルハウス用の仕様ですから、実際はこちらのカタログから選んでいただきます。 経費がそのほかに10%かかります…。
一体なんの経費でしょうか??

もう一度申し上げますが、 「コミコミ金額」はアベケンがお客様からいただく「全ての金額」が入っています。




  これら住宅の価格とは、極端を言うと、どんな表示をしても構わないのです。
それを逆手にとって多くの住宅会社が価格を安く見せるために「必要なもの、無ければ生活が出来ないもの」までオプションとして別途表示しています。

「あなたも坪25万円でマイホームが持てます!」と広告に大きく書いてあるのに30坪の家が750万円でなく、なぜか1500万円などの価格に膨れ上がるのが現実です。
同じ業界に身をおきながら、疑問を感じながら日々感じている今日この頃です。
こんな、本当に冗談みたいなことが当たり前になっているのが現状なのです。
しかも、そんな手法が住宅業界の常識にさえなってしまっているのです。

しかし、そんな時代でもローコストを売り物にする住宅会社にも良い会社、悪い会社はあります。 その善し悪しを見分けるために、以下の点は必ず押さえておいてください。

POINT① 良い会社は、契約前に引き渡し価格の話をします。

 そこで、家本体以外にかかる費用を文章でしっかりと説明してくれます。
悪い会社は、契約前にチラシにある本体価格のみで話を進め、契約後にその他にかかる費用を提示するのです。
もしくは契約直前にその他にかかる費用を提示し、月内に決めてくれたら今月決算なので100万円割引しますよと、多くの時間と労力をかけた後に、 後戻りできないようなタイミングでお金をチラつかせ契約を求めるような会社もあります。

POINT② 欠陥住宅は欠陥設計士が・・・

 業界にいると分かるのですが、テレビに出てくるようなヒドイ欠陥を抱えた住宅というのは、実際はもうほとんど存在しません。造りようがないのです。 しかし、インターネットで検索してみるとよくわかるのですが、それでも欠陥住宅という言葉が上から下までずらずらと並んでいるのは、 仕事のないごく一部の設計士が、欠陥住宅の無料相談窓口を開設してそこから商売につなげたいからに他なりません。

POINT③ 建設中の家は公開しない…

 アベケンの構造見学会は家の中に一歩入れば、柱がむき出しの状態。 さあどうぞ!!自信もってお見せできます!! 未だ、多くの住宅会社は、なぜか建築途中の家を見せてくれません。 厳密に言えば、見せることができないのです。(見せられない理由は、その会社に聞いてください。) だからではないのでしょうか? 建設中の家は公開しないのが業界の常識になっているのです。 自分の家なのにもかかわらず自由に入れない。見る時には必ず営業マンがついてくる。一般公開の現場見学会も行わない。 現場に連れてきてもらったのはよいが、特に何の説明もしてくれない。見させるだけの立会・・・。 何か聞いても「もう良いですか?」と言う始末・・・。

POINT④ 訪問営業と強引な売り込み

 資料請求、見学会来場、会社への来店・・・

お客様がその会社の情報を得るためには、どうしてもその会社に何かしらの方法で接触しなければ情報は得られません。
接触して3日後・・・ ピンポーン・・・。
「○○ホームですが、先日はありがとう御座いました。その後いかがですか? 

マイホームづくりが遅くなれば遅くなるほど、家賃はもったいないし、年を越してしまえば住宅ローン控除枠も縮小しますし、 どうせだったら早めのがいいですよ? 
ちょうど弊社はこのタイミングでキャンペーンをやっておりまして・・・。」

 そんな営業にあったことはありませんか? 玄関ドアを開けたら、一歩玄関に入りドアが閉められないようにまでされ、しつこい営業にあった方もいらっしゃいました。
マイホームは自由に選べなければ、冷静な判断はできません。
あなたの「自由なタイミング」で、「自由に商品を選び」、「任せたい会社に任せる」。

 それが、正しく冷静に判断した「失敗しない買い物」なのです。 ですから、アベケンではお客様に冷静に判断いただき自由にお選びいただく為に、 訪問営業・強引な売り込みは一切していません! 「現場見学会に参加すると、その日から夜討ち朝駆けの営業ラッシュが始まるからいやだ」というお声をよく耳にします。
私たちは、強引な売り込み等は、一切いたしません。

 逆に、お客様から「全然うちにこないから相手にしてもらってない」とお叱りを受けることもしばしばです。
私たちは「家を売るプロ」ではなく、「家をつくるプロ」の集まりです。
いい家を建てるのは得意ですが、営業は苦手です。
 私たちは、建てた家をご覧頂いて「あなたのところで建てて欲しい」そう頼んでいただけること。

そんな家をつくりつづけること。 それがアベケンの営業活動なのです。 家づくりはほとんどの方にとって一生に一度の大きな買い物です。

どうか私達の見学会をあなた様の家づくりの商品選宅の基準にしてください。

他社と比較していただき、あなたの大切な家づくりを成功させていただきたいのです。


【 お問合せはこちら 】

〒254-0016
神奈川県平塚市東八幡3-10-6

【 建物相談はこちら 】
  TEL 0463-22-5599
  FAX 0463-21-3223

【 不動産相談はこちら 】
  TEL 0463-20-4818
  FAX 0463-21-3223

【 メールで相談 】
  MAIL info@k-abeken.com


【ホームページQRコード 】



【現場レポートQRコード 】